ゆっくり・ゆっくり二人旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 車中泊の準備 新愛車 ステップワゴン・スパーダCS

<<   作成日時 : 2015/10/27 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

■今回の北海道車中泊の旅でも、愛車フリード・スパイク(以下、「スパイク」とします)は、とても良く走ってくれました。そして、予想以上の走行距離に・・・。そこで、帰宅後、新愛車の検討を始めました。そして、過日記したように、ハイエースを購入することに決定したのですが、とても残念な結果となってしまいました。新たに、検討し直し、ホンダのステップワゴン・スパーダ(以下、「スパーダ」とします}を購入することにしました。色々、考えて行くなかで、正直、今では、ハイエースでなくて、本当に良かったと思っています。T社販売店には感謝しています(笑)。
■スパーダは、スパイクと比較すると、車幅は同じですが、長さは50数センチ長くなり、高さも10数センチ高くなります。車内も、ハイエースには及びませんが、当然、広くなります。スパイクには、全く不満はありませんでしたが、terutokiyo の撮影機材が多すぎ、積載を諦めたり、長靴などを積むのに苦労していました。また、車内を工夫しましたが、就寝と走行するさい、毎日、荷物を移動しなければなりませんでした。泊数が増えると、結構、煩わしいことに・・・。それに、走行中、急に眠くなった場合、駐車し、直ぐに横になることができませんでした。これを何とか解消したいと思い、少し大きなスパーダにしました。、これは、スパイクが車中泊に適していない車ということではありません。撮影機材などがなければ、私たちの車中泊生活には、十分すぎる良い車です。誤解を、なさらないよう、お願い致します。
■一方、今回選んだスパーダは、スパイクのように、2列目シートを倒し、完全なフルフラットにすることはできず、シートが残ってしまうので、寝るのには適していません。しかも、キャプテンシートなので、就寝には、不向きです。オプションでベンチシートにもできますが、シートをフラット状態にしても、シートの表面の凸凹で、工夫しても、熟睡するには、かなり難しい車です。シートの上に詰め物をし、マットレスを敷き、工夫したとしても、ベッドメーキングの手間が煩わしくなるのは必至です。正直、そのままでは、車中泊には、全く向かない車です。オプションカタログを見ると、マットが用意されていますが、少なくても私共は、熟睡することは、できません。このカタログを作られた方は、おそらく、車中泊の旅をされたことがないのでは・・・、と想像できます。これは、他社のミニバンでも、ほぼ同じ状態ですから、スパーダに限ったことではないのですが・・・。
■それなのに、なぜ、スパーダを選んだのか・・・。その理由は、次の通りです。

@車中泊の旅で、もっとも重要なことは、フラットなスペースを確保し、熟睡可能かどうかです。前記したように、スパーダでは、とても無理。そこで、ベッドを設置することにしたので、解決可能と判断しました。後日、アップ予定です。←2015年11月、ベッドを設置しました。右側のブログテーマ「車中泊の準備」から入ると、ご覧いただけます。
A同時に、上記と関連して、荷物は、殆どの物を、ベッド下に収納可能と思います。つまり、ベッド上部には、物を置かないで済むということです。スパーダを選ぶにあたり、トヨタのノア・ボクシー・エスクァイア3車種とニッサンのセレナも比較しましたが、スパーダは、3列目シートが床下へ収納でき、荷物を多く積むことが可能です。これに対し、トヨタ・ニッサン車は、跳ね上げ式で、荷物は積めますが、スパーダほどではありません。しかも、シートが左右の窓を隠すことになり、運転する際、斜め後方視界が妨げられます、これは、安全上問題と判断しました。また、特に、セレナの場合、シートに厚みがあり、屋内空間を狭めることになります。また、現状では、スパーダが、一番広い屋内空間設計となっており、開放感があります。
Bまた、新型スパーダの場合、後部ドアが縦にも、横にも開くことができます。「わくわくゲート」と名付けられたものです。正直、最初に見た時は、「なんじゃこれは???」と思いました。まったく、「わくわく」しませんでした。しかし、考えてみると、荷物の出し入れ、乗り降りに、とても便利です。車中泊中、運転席・助手席・左右スライドドアばかりでなく、後部からも出入り可能です。また、趣味の野鳥撮影の際、運転席から外に出ず、後部まで移動し、ゲートを少し開け、後方の被写体を、身を隠しながら撮影可能です。これは、かなり有効と判断しました。他車で、これはできまっせんので・・・。野鳥を驚かす率が少なくなり、動物に優しい車かも・・・。ちなみに、購入を考えたハイエースは、スライドドアに、解放できる窓が有りませんでした。
Cこれと関連して、トヨタ・ニッサン車の2列の目の窓は、ほぼ半分しか開くことができません。これに対し、スパーダは、かなり、開いてくれます。これも、撮影には有効と判断しました。
Dそれから、排気量は、1500ccですが、ターボで、かなり良い走りをしてくれます。これまでの愛車スパイクも、1500で良い走りでしたが、スパーダは、車体が大きいのに、さらに良い走りをしてくれます。以前乗っていたデリカ・スペースギアのような、急なターボ感ではなく、低速から違和感なしのターボで、音も、とても静かでした。運転もスパイクからの乗り換えで、全く違和感無しでした。
Eデザインは、あまり気にしませんが、最近の車の中には、前面を大きく開いて銀歯むき出しのものが流行っているようですが、無理に高級感を出そうとしているように感じ、選択肢から外しました。まあ、これは、好みの問題ですけど・・・(笑)。とにかく、実用性を重視し、私たちの車中泊の旅に一番適した車を選んだつもりです。
Fそれから、収納も一番充実していると判断、私どもの利用に適していると思いました。

■その他、スパーダにした理由は、色々ありますが・・・。実際、納車になってから、車中泊に向くよう、さらに、検討しようと思います。また、感想などを記すつもりです。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車中泊の準備 新愛車 ステップワゴン・スパーダCS ゆっくり・ゆっくり二人旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる